株式会社イデア 社員と事業を元気にするリブランディング・パートナー
toppage 2012 june

企業ブランドのリブランディング


うちの会社は、このまま10年後を迎えることはできるだろうか?


一般消費者にとって、企業ブランドが与えるプラスの作用はどれほどか?
法人取引において、取引を継続させる強い要因となる企業ブランドはどのようなものか?

企業は長く生き抜いていくうちに、いつのまにか
アタマもカラダも動きが鈍くなることがあります。

お客様にとっては、魅力が薄れる状態。
自社にとっては、指示待ちタイプの社員が多くなる。

それらを変えよう、と思うならば、それはどのような状態にしたいということでしょうか。

役員、従業員が一体となった企業経営。
法人取引において、指名受注を受けるマーケティング力。
伝統、老舗、を生まれ変わらせる進化。


本当にお悩みの皆様の、お役に立たせていただきたいと思います。

 
商品ブランドのリブランディング


この商品は、5年後の市場で勝ち残っていけるだろうか?

消費者にとって、商品ブランドとは、商品の名前以上の意味を持っています。

では、その意味とは、何か?

普段から食べているキャンデーだから。
休日ゆっくり自分の時間を持つコーヒーショップだから。
長年憧れていた自動車だから。

商品は、長く愛されているものほど、お客様が生活を共にしています。
その反面、お客様のライフスタイルの進展に合わせて、ブランドも年をとっていくことがあります。

それらを変えようと思うならば、どのような若返りが求められるのでしょうか?

既存商品のリニューアルを課題とした商品マーケティング。
高齢化したファン層の維持と新規お客様の獲得の両面展開。
新しい市場を生み出す、新しい商品の魅力とは?

アイデアを生み出し、新しいブランド価値を生み出す。
そのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。


会社紹介はこちらになります。 お問い合わせはこちらからお願いします。 Copyrights(c) Since 2007 idea.inc All Rights Reserved.